2014/02/18 起業・経営

プログラマー、SEとして独立されている方へ!所得税のコツを教えます!

プログラマー、SEとして独立されている方へ!所得税のコツを教えます! iOSやAndroid系のネイティブアプリやWEBアプリ、デザインなど、開発エンジニアとしてSOHOや独立形態ビジネスを展開されている方は、実務のスキルだけでない、つまり会計処理の知識が大切です。最近増えているこのタイプ、まだまだ会計は未熟です、なんて方も多いようです。というわけで、会計でも大切な所得税のノウハウをまとめてみました。

所得税は儲けたお金への課税です


大まかに言えば1年間の儲けに対して課される税金ですが、まず所得には事業所得と給与所得があり、このうちSOHOさんの場合は事業所得が該当します。

事業所得=事業収入-経費-青色申告特別控除

計算方法はざっとこんな感じです。ここから医療費控除、基礎控除等の所得控除項目を差し引き、次は税率を適用しますが、高い額ほど高い税率になります。ちなみに1800万円を越えれば40%となり、195万円以下は5%とかなり開きがありますね。最後のステップとして、住宅借入金等の特別控除を差し引き、この段階で納税額が確定する、というわけです。

青色申告とは?


収入や経費などを一定水準を維持して記帳をし、それに基づいて申告する方を対象に税を優遇する制度です。つまり帳簿をしっかり記帳し、申告、書類の保管をすることを前提として青色申告特別控除、つまり記帳レベルによって10万円から65万円を所得から控除できます。また青色事業専従者給与制度も利用でき、例えば事業主が配偶者に経理を手伝ってもらっている場合、納税額を安くすることも可能です。

所得控除をしっかりチェック


控除漏れがあると納税額がそれだけそっくり増えますから、取れる控除はすべて取ることが大切です。たとえば社会保険料はすべての人が控除できます。生命保険料控除も支払った生命保険料の金額に応じて最大5万円まで控除可能です。

所得税に関するイベントを覚えておこう


まず事業を開始したら1ヶ月以内に事業開始届けを提出します。またこのタイミングで青色申告承認申請書も併せて提出しましょう。3月15日は確定申告期限、また6月から8月の間に住民税と事業税の納付通知書が送付されてきます。

ITエンジニアは納税となると何が何だか、シンプルなのに途方に暮れてしまうこともあると思います。しかし、1万円控除できればその分収入になる、と覚えておくことが肝心、損をしてしまうとそれだけ仕事の環境も整備できなかったり、どんどん事業に影響が出ることもあります。
プランナー・プロデューサーの求人案件 プランナー・プロデューサーの求人案件

プランナー・プロデューサー向けの求人・案件情報です。
コンテンツ企画や商品モデルの設計が好きな方・得意な方向けの仕事情報です。