2013/12/04 IT業界動向

一体どっちを買うべき!?iPad AirとiPad miniを用途ごとに比較してみた

一体どっちを買うべき!?iPad AirとiPad miniを用途ごとに比較してみた

皆様はタブレットコンピューターを使っていますでしょうか?

筆者自身タブレットが流行りだした当初は「中途半端wwwwスマホとPCどっちだよ絶対買わねぇwww」などと鼻で笑っていたのですが、仕事で社用iPadをしばらく持ち歩く事になり、その便利さ、場所を選ばない使用感に驚愕しました。

 

速攻で某カメラに走り、クレジットカードを叩きつけて購入した記憶があります。もちろん24回払いで。

 

当時iPadは1種類でしたが、今現在iPad Air iPad min等種類が増えて来たこともあり購入を迷っている方も多いのでは無いのでしょうか。

と言うか、筆者自身どちらを購入するか絶賛迷い中です。

 

99.9%自分のためですが、活用シーンやスペック等含め比較していきたいと思います!

 

王道サイズの最新機種 iPad Air

2013年10月22日に発表されました、第5世代のiPadですね。

Airの名を冠しているだけあって驚きの薄さ!!!!なんと7.5ミリです!!

 

重さはわずか469グラムであるため、通常iPadよりもかなり軽量です。

500グラムに満たない軽量タイプのタブレットでありながら、10時間のバッテリー稼働時間を持ち、もちろんのRetinaディスプレイ搭載!!

ため息が出るほど美しい操作感です。

 

iPad AirはA7チップとM7コプロセッサを搭載することにより、CPUの速度・グラフィックパフォーマンスを最大2倍にまで向上。

つまり薄くて軽くて長持ちでサクサク動作なわけです。

 

店頭でチェックしましたが、上記のような軽快さはもちろん、字がとても綺麗で読みやすい印象でした。

Appleの妥協しなさは、もはや執念と言っても過言ではありません。

 

痒いところに手が届く! iPad mini Retina

これも第5世代iPad!従来のiPad miniがRetinaになりました!!

解像度は2048×1536の7.9インチ。言い回しが気に入ったので二回目ですが、ため息が出るほど美しい操作感です。

 

スペックは先ほど紹介したAirと遜色無いと言ってもいいのですが、一番の特徴は片手で持てることです。

電子書籍を通勤中やちょっとした待ち時間に読む、などなど軽快な使い回しが出来ます。

 

電子書籍を読むときってスマホだと画面が小さいですし、従来サイズのタブレットだと片手操作は厳しいんですよね。

片手でiPad、片手はつり革。これが新時代を代表するITワーカーのスタンダード出勤スタイルになると言っても過言ではありません。

 

 

自分のライフスタイルにあった選択

言うまでもなく大きな違いはそのサイズですが、選ぶ際のポイントは自分の使いたいシーンを考える事でしょうか。

 

通勤や、待ち合わせ、スーパーでレシピを見ながら買い物、等日常に合わせてiPadを使用するならiPad minをお勧めします。

スマートフォン並に軽快で、スマートフォン以上の情報量を持ちます。

 

また喫茶店で映画鑑賞、仕事先へのプレゼン、資料作成、などエンターテインメントや情報処理をこなすならiPad airをお勧めします。

PCに遜色ないほどの能力を、PCよりも遥かに軽快に携帯出来ます。

 

あーだこーだ色々とここまで書いてきたのに、筆者はどっちを購入するかまったく答えが出ていません。

両方買え!等と心無い罵声を飛ばしてくる人々もいるのですが、こういったものはどちらかを選ぶからこそ楽しかったり大事に使えたりしますよね。

 

決して両方変えない事についての言い訳じゃありませんけど。決して。

 

皆様も自分の日常に合わせて、タブレットPCを導入してみては如何でしょうか。

 

 

IT業界で案件・求人情報を見つけるならA-STAR IT業界で案件・求人情報を見つけるならA-STAR

IT・Web業界の仕事情報を探すならA-STARがおすすめです。
優良企業~上場企業も含め、様々な企業情報を取り扱っています。