2015/08/31 クリエイター

自サイト&競合サイトの現状をチェック!無料ながらも詳しく分析してくれるツール5選

自サイト&競合サイトの現状をチェック!無料ながらも詳しく分析してくれるツール5選 サイトのアクセス数を上げるための施策を考えたり、問題点を洗い出すにはサイトの分析が必要です。
WEB上には無料で使えるサイト分析ツールがあり、サイトを詳しく分析してくれます。
競合サイトさえも分析できてしまう、無料ながらもかなり使えるサイト分析ツールを5つ紹介したいと思います!

SimilarWeb

「SimilarWeb」はイスラエル製のWebサイト分析ツールで、指定したサイトのトラフィック、検索キーワード、訪問者数、ソーシャルの訪問数などを分析してくれます。
自サイトだけでなく、競合サイトのアクセス数も調べることができるという、恐ろしい分析ツールです。

無料版では取得できるデータは限定されていますが、有料版はがっつり解析することができます。
Google AnalyticsではSSL検索されたキーワードは(not provided)と表示されて検索キーワードが分からないのですが、「SimilarWeb」の有料版ではしっかりキーワードが表示されます。
無料版と有料版では精度が全然違います。


http://www.similarweb.com/

BuiltWith

「BuiltWith」はサイトで使用されているテクノロジーを分析することができるツールで、どの会社のサーバーを使っているのか、CMSは何を使っているのか、さらにはウィジェットやWordPressで使っているプラグインまで分析してくれます。
あのサイトはどんなテクノロジーを使っているのだろう、競合サイトのことをもっと調べたい、そんな欲望を満たしてくれるツールです。


http://builtwith.com/

「BuiltWith」はChrome拡張機能の「BuiltWith Technology Profiler」を無料で提供しています。
Chrome拡張機能をインストールしておけば、ワンクリックで表示しているサイトのテクノロジー分析ができるので便利です。
気になった時にすぐ調べられるので、Chromeユーザーにオススメ!

https://chrome.google.com/webstore/detail/builtwith-technology-prof/dapjbgnjinbpoindlpdmhochffioedbn

Open Site Explorer

「Open Site Explorer」はサイトへの被リンク(バックリンク)先を調べることができるツールです。
どのサイトが被リンクをしてくれているのか、記事ごとに閲覧できるのがいいですね。

競合サイトがどれぐらい被リンクがあるのか、流入元はどこからなどを調べるのにも役立ちます。
ユーザー登録の必要がありませんし、URLを入力するだけですぐ分析してくれるのでとても便利です。


http://www.opensiteexplorer.org/

WooRank

「WooRank」はサイトをさまざまな要素から分析し、点数をつけてくれるツールです。
各項目事のSEOの評価、モバイル対応の評価、ユーザビリティ、サイトで使われているテクノロジー、ソーシャルなど、細かく分析してくれます。

検索結果で上位のサイトは効果的な内部対策をしていますし、サイトもしっかり設計しています。
分析の結果を見ると、内部対策の見直しを考えさせられます。
点数が思ったよりも低いと結構ショックかもしれません・・・。

日本語対応していないのでちょっと分かりにくいところはありますが、無料ながらもかなり詳しく分析してくれるのでサイト分析をするならぜひ使ってもらいたいツールです。


https://www.woorank.com/

Alexa

「Alexa」はサイトの国別ランキングと世界ランキングを調べてくれるツールです。
日本では何位、世界では何位というように教えてくれます。
自サイトのランキングが低く、競合サイトのランキングの方が高いと悔しいです!
(ザブングルの加藤のマネじゃないです)

他にも検索キーワードやトラフィック、直帰率、滞在時間などを分析してくれますが、精度については100%正しいかどうかは怪しいろころなので、参考程度に見ておく方がいいでしょう。

試しにYahoo!JAPANで検索してみると1位でした、そりゃそうだよね。
ちなみにGoogleは2位でした。


http://www.alexa.com/
Webデザインの求人案件 Webデザインの求人案件

Webデザイナーやクリエイターの求人・案件情報です。
制作会社もあれば自社サービスのUIデザイン案件等、幅広く掲載しています。