2015/08/17 IT業界動向

YouTubeに続きFacebookでも360°動画が利用可能に!この体験はまさに近未来

YouTubeに続きFacebookでも360°動画が利用可能に!この体験はまさに近未来 YouTubeが360°動画のアップロードに対応したのに続き、Facebookも360°動画に対応することが発表されました。
今までに体験したことがない360°動画は、まさに近未来の技術です。
これから普及していくことが予想される360°動画について解説します。

Facebookが360°動画を開始

Facebookは2015年3月に開催されたFacebookデベロッパー・カンファレンス(F8)にて360°動画のアップロードのサポートが発表され、Facebookのニュースフィードへ360°動画を埋め込むことが可能となります。
360°動画はマウス操作で視点を動かすことが可能で、手軽にリアルなバーチャル体験ができます。

また、Facebookがヘッドマウントディスプレイを開発しているOculusをOculusゴーグルで買収したことにより、FacebookでVR(バーチャルリアリティ)を体験することができるようになります。
Oculus Rift向けの全天球動画の提供を予定しており、具体的なリリースなどは未発表ですが、実装されればSNSの使い方がまた一歩先へ進むことでしょう。

YouTubeがサポートする360°動画のアップロード

360°動画はすでにYouTubeが採用しており、パソコン用 Chrome、AndroidまたはiOS用YouTube アプリで視聴することができます。
現時点(2015年7月時点)で対応している360度カメラはRicohのTheta、KodakのSP360、Giropticの360cam、C Real Tech のAllieとなっています。


https://support.google.com/youtube/answer/6178631?hl=ja

360°動画は以下の動画のようにマウスで操作して360°好きなように動画の角度を変えることができます。


まるでパノラマ写真のように動画を上下左右に動かすことができるので、これまでの動画とは違った体験ができます。
マウス操作は動画の再生中、停止中のいずれでも可能で、上の動画の角度を上に変えてみると海の底から海面を眺めているようなシーンが見られます。

360°動画で仮想現実がより身近に

360°動画はユーザーが任意で視点を変えることができるため、パノラマ写真よりもリアルなバーチャル体験が可能となります。
まるで自分がその場所にいるような体験ができるので、家にいながら本当に世界中を旅しているような感覚を楽しめます。

先に紹介した海中の360°動画のように、ネット上で水中散歩しているような体験を味わえる、そんなバーチャルリアリティが現実になった時代がもうやって来ているのです。
ここ数十年でWEBの技術はすごい速さで進化していて、10年後にはさらにレベルの高い近未来的な技術が当たり前に使われる時代になっているかもしれません。
IT業界で案件・求人情報を見つけるならA-STAR IT業界で案件・求人情報を見つけるならA-STAR

IT・Web業界の仕事情報を探すならA-STARがおすすめです。
優良企業~上場企業も含め、様々な企業情報を取り扱っています。