2015/06/26 IT業界動向

ハッシュタグを使うと反応が高まる!Twitter、Instagram等で使う最適なハッシュタグの数

ハッシュタグを使うと反応が高まる!Twitter、Instagram等で使う最適なハッシュタグの数 SNSにハッシュタグを使うと、エンゲージメント(ユーザーの興味を引きつけること)が高まるとされています。Twitter、Instagram、Facebookの3つのSNSにおいて、どのぐらいの数のハッシュタグを使うと反応が高まるのかをまとめました。一番最後に解説するFacebookで使うハッシュタグは実は◯◯◯!という意外な結果に。

ハッシュタグとは?

ハッシュタグはソーシャルメディアなどで投稿する際、キーワードに付ける「#(シャープ)」のことです。
Twitter、Facebook、Google+、InstagramなどのSNSでハッシュタグが使用することができます。
ハッシュタグは英語だけでなく日本語にも対応しているので、日本語のハッシュタグが使えます。

ハッシュタグを使うメリット

例えばツイートに「#本田圭佑」とハッシュタグを付けておくと、そのキーワードに関心のあるユーザーからの反応が得られるので、フォロワー以外のユーザーに興味を持ってもらえる可能性を広げられます。

反対に自分がそのキーワードに関するツイートを探す時に役立ち、ハッシュタグは特定のキーワードの検索にも活用できます。

Twitterでのハッシュタグの数

Twitterではハッシュタグも投稿文字数にカウントされるので、投稿も含めて140文字以内に抑えなければなりません。
ハッシュタグをつけてツイートすることでエンゲージメントが高まることが期待できるので、反応を高めるためにツイートにハッシュタグを使うのは効果的です。

ツイートに付けるハッシュタグの数は文字数制限もふまえ、1〜2個に留めておく方がいいでしょう。
ハッシュタグを付けすぎると文字数オーバーしてしまいますし、ノイズとなってしまうのでTwitterでは1〜2個が最適です。

Instagramでのハッシュタグの数

Twitterでは文字数制限もあり1〜2個が最適とされますが、Instagramでは11個付けた方が反応が高まるとされています。

以下のハッシュタグに関する反応をまとめたインフォグラフィックでは、Instagramは11個のハッシュタグをつけた時が最も反応が高いことが示されています。
11個ハッシュタグを付けた途端に反応が跳ね上がっていますので、11個付けることで反応が高まることが期待できます。


http://www.quicksprout.com/2015/02/20/the-ultimate-guide-to-hashtags/?display=wide

Facebookにハッシュタグを付けるのは逆効果?

TwitterやInstagramではハッシュタグを付けることで反応が高まりますが、Facebookではハッシュタグを付けると逆に反応が悪くなるとされています。

以下のグラフを見ると、ハッシュタグを付けない方が反応が良いことが示されています。
Facebookにハッシュタグを付けると宣伝っぽくなってしまうことから、敬遠されてしまうのかもしれません。


https://blog.bufferapp.com/a-scientific-guide-to-hashtags-which-ones-work-when-and-how-many
IT業界で案件・求人情報を見つけるならA-STAR IT業界で案件・求人情報を見つけるならA-STAR

IT・Web業界の仕事情報を探すならA-STARがおすすめです。
優良企業~上場企業も含め、様々な企業情報を取り扱っています。