2015/07/03 エンジニア

フリーランサーの見積もりの参考になる工数見積もりの概要&WEB制作見積もり関連記事まとめ

フリーランサーの見積もりの参考になる工数見積もりの概要&WEB制作見積もり関連記事まとめ 見積もりはフリーランサーにとって重要な課題です。収益に関わるだけに、安く見積もると自分が損してしまいますし、継続して仕事を発注してもらうためには他のフリーランサーより安く見積もった方が良いのかなど、悩みは尽きません。フリーランサーの見積もりの参考になる工数見積もりの概要と、WEB制作の見積もりに関する記事をまとめました。

工数見積もりとは?

工数は作業量を表す単位で、ある作業を行うために必要となる人数と時間を表します。
工数の単位は人日や人月で表し、工数の時間は1日8時間、1ヶ月を20日間を基準として計算することが多く、「人数 × 時間」の計算式で人日、人月を計算します。

計算例えばある作業を完成するまでに1人で3日かかった場合、1人 × 3日間 = 3人日と表します。
複数人で作業を行った場合、例えば3人で作業を行って7日間かかったなら、3人 × 7日間 = 21人日となります。

フリーランサーの工数見積もり

フリーランサーの報酬は時間給や日当がないので、作業工数に見合った報酬を計算するのが難しいですよね。
作業時間を目安にする場合、自分の作業速度によって時間給・日給に換算した時の金額が大きく変わってきます。
予定より早く作業が終われば時間給・日給は高くなりますが、予定より作業に手間取ったり、想定外のトラブルが起きると時間給・日給は低くなってしまいます。

できるだけ高く見積もりたいですが、かと言って自分のスキルが不足していて作業が遅いのに、高めに請求するわけにはいかないですし、クライアントにもっと安い金額で受けてくれるフリーランサーを探そうと思われてしまっては・・・という懸念もあります。

同じ作業でも受注者によって作業時間は大きく異なり、クライアントが案件に支払う予定の金額も異なります。
フリーランサーとしてのスキルやキャリアも見積もり金額に関係してきますので、今の自分のスキルを知ることは工数見積もりをするために必要です。

フリーランサーの見積もりの参考になる記事

フリーランサーの見積もりは難しい課題で、フリーランサーによって、また案件によって様々です。
見積もりの参考に、WEB制作に関する見積もりの記事をいくつか紹介します。

■ ウェブ制作の見積もりを金額付きで晒してやろうじゃないか!
http://wp-d.org/2013/06/27/4852/

■ 「Web制作のリアルな工数と見積もりの話」の話をしようじゃないか!
http://coziest.net/?p=572

■ Web制作のリアルな工数と見積もりの話~フリーランス編~
http://anond.hatelabo.jp/20130628154129

■ 保存版!Web制作の見積もりで忘れず検討したい22項目
http://www.misoca.jp/blog/list_that_must_check_when_making_estimate_about_website

■ フリーランサーなら知っておくべき基本的な請求書の書き方
https://agency-star.com/freelance/articles/125/
システムエンジニア/SEの求人案件 システムエンジニア/SEの求人案件

システムエンジニアやプログラマーの求人・案件情報です。
フリーエンジニアや転職者向けに常時3000件以上の仕事情報を公開しています。