2015/05/01 マーケティング

WEB担当者必見!インバウンドマーケティングで成果を得るための3つのポイント

WEB担当者必見!インバウンドマーケティングで成果を得るための3つのポイント 従来の宣伝広告を活用したマーケティングから、ユーザーにとって価値のあるコンテンツを発信することで、ユーザー側から近づいてもらうよう施策するインバウンドマーケティングが注目されています。インバウンドマーケティングの概要と、インバウンドマーケティングを成功させるために抑えておくべき3つのポイントを解説します。

インバウンドマーケティングとは?

「インバウンド(inbound)」は「内向きの」という意味です。
消費者やユーザーに商品やサービスの情報を届けるアウトバウンドマーケティングに対し、インバウンドマーケティングは消費者・ユーザーに見つけてもらうよう施策するマーケティング手法を指します。

オウンドメディアやSNSでユーザーが抱えている悩みを解決するなど、ユーザーにとって有益な情報を発信することで見込み客を惹きつけるのがインバウンドマーケティングの手法です。

インバウンドマーケティングのポイント(1)
ユーザーに価値のある情報を発信

インバウンドマーケティングではユーザーにとって価値のある情報を発信することが重要で、価値のあるコンテンツを発信して集客するコンテンツマーケティングから、見込み客へとつなげるインバウンドマーケティングに発展します。

商品やサービスを直接宣伝するのではなく、ユーザーが知りたいと思っている情報を発信することで興味を惹きつけます。
重要なのはそのコンテンツがユーザーにとって価値があるかどうか、です。
有益なコンテンツはSNSを介して広まっていきやすいので、口コミで拡散することも期待できます。

インバウンドマーケティングのポイント(2)
ユーザーが解決したい悩みを知る

インバウンドマーケティングではユーザーが抱えている悩みを解決するコンテンツを配信することで、商品・サービスに興味を持ってもらうのがひとつの手法です。
ユーザーが悩みや問題を解決するために、検索エンジンでどんなキーワードで検索しているのかを知り、自社サイト・ブログやソーシャルメディアなどで問題解決方法を提示することでユーザーに興味を持ってもらいます。

インバウンドマーケティングのポイント(3)
顧客満足度を高める

見込み客から顧客になってくれたからといって安心していてはいけません。
持続して商品・サービスを利用してもらうには、顧客満足度を高めることが大事です。
サポートを充実させたり、有益なコンテンツを発信し続けることで、顧客にとって価値のある商品・サービスとして継続して利用してもらうことが期待できます。

インバウンドマーケティングは成功すればファンを増やすことができるので、ファンであり続けてもらうために常に価値のある情報を発信し続けるという意識が必要です。
マーケティングの求人案件 マーケティングの求人案件

マーケッター向けの求人・転職情報です。
プロモーション施策、広告運用、SEOやSEMなど集客全般が得意な方向けの求人です。