2015/06/30 仕事術

少しの工夫で変わる!営業メールの返信率を高める5つの方法

少しの工夫で変わる!営業メールの返信率を高める5つの方法 営業メールは100%返信してもらえるわけではないですが、工夫次第で返信率を高めることができます。誰でもできる営業メールの返信率を高める方法を5つにまとめました。ほとんど返信してもらえないと悩んでおられるなら、試してみる価値はあるかと思います。

興味をひくタイトルに

メールの返信率を高める方法として、興味をひくタイトルにすることは必須です。
特に営業メールの場合は、受信者が興味を持ちそうなキーワードを盛り込むことで返信率が高まります。

どういったキーワードが反応してもらいやすいかをユーザーアンケートなどで調べるなど、リサーチが必要です。
返信率が悪い場合は、タイトルを色々変えて反応のいいキーワードを探ってみるのも良いかと思います。

朝か夜にメールを送信する

メールを読んで返信してもらうことを考えると、多くの人が活動している昼の時間帯が良いように思えますが、実は朝か夜にメールを送った方が返信率が高くなります。
昼は他にもたくさんメールが送られてくるので、他のメールに埋もれて注目されにくくなってしまいます。
しかし、朝か夜は送られてくるメールの数が少ないですので、目につきやすく返信してもらえる可能性が高くなるというわけです。

週末にメールを送信する

週末はメールを見ない人が多いというイメージがあるため、週末は避けがちですが、実は週末にメールを送るのも返信率を高める効果があります。
朝か夜にメールを送ることもそうですが、その他大勢のメールに埋もれてしまうぐらいなら、あえて時間帯と曜日を外すのも有効な方法と言えます。

相手にメリットを想像させる内容

ただ商品やサービスの良さをアピールするだけでなく、メールを受け取った相手にとってどういったメリットがあるかを考えることが必要です。
相手がメリットを感じないことには返信しないので、商品やサービスを使用することで得られるメリットが想像しやすい文言にすることで、返信してもらえる可能性が高くなります。

24時間後にもう一度メールを送る

一度メールを送って返信がない場合、24時間後にもう一度送ると返信率が高くなります。
もう一通送っているので当然とも言えますし、もう一通送るのはウザいと思われてしまうのでは?と思ってしまいますが、案外効果がある方法です。
3通も4通も送るのは迷惑メールになってしまいますが、検討中でもう後ひと押しの場合もあるので、もう一通送ってみるのも返信率を高める方法としては有効と言えます。
Web業界で仕事を探すならA-STAR Web業界で仕事を探すならA-STAR

マイページ機能を利用でき、高精度なマッチング機能を持った案件情報検索サイトです。
Web業界に特化、エンジニア・クリエイター・プランナーが利用しています。