2015/03/06 エンジニア

無料なのに使いやすい!WEB制作で活躍するワイヤーフレームツール5選

無料なのに使いやすい!WEB制作で活躍するワイヤーフレームツール5選 WEB制作で使える、無料でワイヤーフレームが作成できる便利なツールを5つご紹介します。いずれも無料で使用可能でありながら操作がしやすく、外出先などでちょっとワイヤーフレームを作成したい時などに使えます。無料なのでとりあえず試してみて欲しいです!

Wireframe CC

ブラウザ上でワイヤーフレームを作成できる無料のツールです。海外のサービスなので英語ですが、直感的に操作できるのですぐに慣れると思います。「Save」をクリックすればURLを生成してくれます。登録しなくても使えるので、外出先などで簡単にワイヤーフレームを作成した時などに便利です。


https://wireframe.cc/

Moqups

こちらもブラウザ上で動作するワイヤーフレームツールで、動作が軽量なHTML5アプリです。エレメントをドラッグ&ドロップで配置でき、PDF, PNGへの書き出しが可能となっています。登録しなくとも使用できますが、登録せずに使う場合はSVGでの書き出しになります。


https://moqups.com/

MockFlow

ブラウザ上でワイヤーフレームの作成ができます。会員登録は必要ですが、Basicプランは無料で利用可能です。テンプレートが用意されているので、作成しようと思っているWEBサイトに近いテンプレートを使えば時間短縮になります。日本語が使えないのが残念ですが、無料なので贅沢は言えません。


http://www.mockflow.com/

Prototyper

「Prototyper」はWindowsとMacで使える無料のワイヤーフレーム作成ツールで、PCにインストールして使用します。有料版もありますが無料で使用できます。スマートフォンサイトやiPhone・Androidアプリのワイヤーフレームを作成するのに便利です。無料なのでとりあえず試してみて損はないかと。


http://www.justinmind.com/

POP

ここまで紹介したツールとは違い、手書きのワイヤーフレームをスマホのカメラで撮影し、スマホでワイヤーフレームを調整できるアプリです。FREEプランは2プロジェクト、閲覧者3人までという制限があります。iPhone、Android、Windows Phoneに対応しています。


https://popapp.in/
システムエンジニア/SEの求人案件 システムエンジニア/SEの求人案件

システムエンジニアやプログラマーの求人・案件情報です。
フリーエンジニアや転職者向けに常時3000件以上の仕事情報を公開しています。