2015/02/27 クリエイター

この3つは抑えておくべき!2015年にトレンドになるであろうWEBデザイン

この3つは抑えておくべき!2015年にトレンドになるであろうWEBデザイン 2014年のデザインのトレンドはフラットデザイン、フルスクリーン背景など。では2015年はどのようなトレンドが来るのでしょうか?マテリアルデザインをはじめ、2015年に主流となるであろうと予想される、デザインのトレンドを3つに絞って解説します。

マテリアルデザイン

マテリアルデザインはGoogleが昨年の2014年に発表したデザインのガイドラインで、Android 5.0 Lollipopから取り入れられており、GmailやGoogle Mapsもマテリアルデザインをベースにデザインされています。マテリアルデザインが目指すのは様々なデバイスで違和感なく操作できるデザインで、UIデザインに統一感を持たせることでユーザーのストレスを軽減します。スマートフォン、タブレットのみならず、腕時計、テレビ、車など様々なデザインに取り入れられる見込みです。

現在は無駄を省いたフラットデザインが主流となっていますが、マテリアルデザインはフラットデザインのようなフラットさを取り入れつつ、より操作感を向上させたデザインと言ってよいでしょう。様々なデバイスをネットに接続するIoT(モノのインターネット)が主流になりつつある現在、デバイスが変わっても快適に操作できるマテリアルデザインもWEBの主流となることでしょう。


http://www.google.com/design/

大きめ&太めのタイポグラフィ

2014年から大きめ&太めのタイポグラフィを使うサイトがよく見られるようになりました。大きめ&太めのタイポグラフィは目を引きやすくインパクトがあり、2015年のトレンドとなる可能性を秘めています。大きめの写真を背景画像に使うなど、パッと見て理解できるような、分かりやすさもポイントですね。


http://www.thinkluke.com/

ビデオ動画

2014年はセルフィー(自撮り)やYouTuberが話題になるなど、ビジュアル面でのトレンドがみられました。2015年はWEBサイトにビデオ動画を背景に使用したり、モバイルに活用するといったトレンドが来ることが予想されます。ビデオ動画はイメージが伝わりやすく、写真よりも表現の幅が広がります。言葉が分からなくても伝わるのもビデオ動画の良さです。WEBサイトにはHTML5のvideoタグを実装することで埋め込みができます。


http://www.exponentpr.com/
Webデザインの求人案件 Webデザインの求人案件

Webデザイナーやクリエイターの求人・案件情報です。
制作会社もあれば自社サービスのUIデザイン案件等、幅広く掲載しています。