2015/01/15 マーケティング

Web業界で生き抜くために!Web担当者にオススメのWeb解析・広告関係の認定試験4つ

Web業界で生き抜くために!Web担当者にオススメのWeb解析・広告関係の認定試験4つ Web解析や広告を任されているWeb担当者にオススメの、認定試験を4つご紹介します。Web担当者にはアクセス解析やマーケティングの知識が求められるようになっているため、Web解析や広告に関する資格を取得することで知識やスキルアップにつながり、転職にも役立ちます。

ウェブ解析士

一般社団法人ウェブ解析士協会が実施しているウェブ解析士の認定資格で、ウェブマーケティング、ウェブ解析に関する基礎・応用知識、スキルを初級、上級、マスターの3つの資格で認定しています。
ウェブ解析士講座も開講していて、ウェブ解析の基礎からスキルアップの講座まで受けることができます。


http://www.web-mining.jp/

Webディレクション・デザイン・アナリスト検定

一般社団法人日本Webソリューションデザイン協会はWebディレクション、Webデザイン、Webアナリストの3つのWebに関する検定を実施しています。
Webアナリスト検定はアクセスデータの解析スキル、解析データやマーケティング状況を分析できるスキルを測るための検定です。
現代のWeb担当者には、Webサイトを構築するだけでなく、アクセスデータの解析や市場のトレンドの分析を元に、効果的に運用することが求められ始めています。


http://www.web-kentei.jp/

Google AdWords認定資格

広告掲載の初心者向け試験、検索広告の上級者向け試験、ディスプレイ広告の上級者向け試験、動画広告の上級認定試験の4つの試験があり、Google Partners プログラムに申し込むと無料で試験を受けることができます。
1年ごとの認定試験に合格すること(広告掲載の初心者向け試験は2年に1回)が義務付けられており、資格を持っていると専門知識があることを明示できる、公開プロフィール ページにも表示できる、代理店が Google Partner ステータスを取得するために役立つといったメリットがあります。


https://support.google.com/partners/answer/3153810?hl=ja

Yahoo!プロモーション広告 プロフェッショナル認定試験

スポンサードサーチ、Yahoo!ディスプレイアドネットワーク(YDN)の運用、コンサルティング、販売等に関わる方が対象の認定試験で、ベーシックとアドバンスの2コースがあり、スコアに応じてレベルが決まります。
公式認定スコアシートの取得、名刺などに認定ロゴの使用(スコア860点を取得した場合)できるといったメリットがあります。


http://promotionalads.yahoo.co.jp/company/professional.html
マーケティングの求人案件 マーケティングの求人案件

マーケッター向けの求人・転職情報です。
プロモーション施策、広告運用、SEOやSEMなど集客全般が得意な方向けの求人です。