2014/12/01 マーケティング

写真に言葉の壁はない、Instagramをビジネスに活用するための基礎知識

写真に言葉の壁はない、Instagramをビジネスに活用するための基礎知識 FacebookやTwitterはビジネスにも活用できるSNSとして知られていますが、Instagramをビジネスに活用する企業が増えています。写真は言葉の壁がないので、Instagramは世界中の人とつながることができます。Instagramをビジネスに活用する際に知っておくべき、Instagramの基礎知識と使い方を解説します。

Instagramとは?

Instagramはスマートフォン用の画像共有アプリで、共有機能と簡単に画像を加工できるフィルター機能が備わっている。
Facebook、Twitter、Tumblr、FlickといったSNSで撮影した写真を共有することができ、写真版Twitterとも呼ばれていますが、2012年にFacebookが10億ドルで買収しています。

Instagramのメリット

写真の加工が簡単で、フィルターを使用すれば誰でもアーティスティックな綺麗な写真に加工できます。
アクティブユーザー数は全世界で2億人を超えており、世界中の人がInstagramを利用しています。
写真なら言葉はいらないので、FacebookやTwitterと違って言葉の壁がなく、色々な国の人をフォローして写真を楽しんだり交流できるのがInstagramの良さです。

Instagramの企業アカウント事例

スターバックス、ディズニーランド、アディダス、ビームス、マーク・ジェイコブス、ルイ・ヴィトン、ザ・ノース・フェイス、マクドナルドなど、大手企業やブランドがInstagramのアカウントを取得しています。
特にスターバックスが人気があり、ディズニーランドの100万人以上のフォロワーの3倍、340万人以上にフォローされています。

 Facebookと連携させる

InstagramはFacebookと連携させる機能が備わっています。
ホーム画面右下にあるプロフィールアイコン→設定アイコン→シェア設定からシェアしたいSNSを選択することができます。
Facebookだけでなく、Twitter、Tumblr、Flickr、foursquare、mixiとの連携も可能です。
自社のFacebookページでInstagramの写真をシェアすることで露出を増やすことができます。

ハッシュタグを活用する

Instagramではハッシュタグの使い方が重要なカギを握っています。
ハッシュタグをつけることで検索にひっかかるようになり、自分の写真を見つけてもらいやすくなります。
よく使われているのが「#beautiful」「#iphoneonly」「#selfie」「#nofilter」「#instamood」などです。
日本語のハッシュタグも使えます。
マーケティングの求人案件 マーケティングの求人案件

マーケッター向けの求人・転職情報です。
プロモーション施策、広告運用、SEOやSEMなど集客全般が得意な方向けの求人です。