2014/10/15 マーケティング

興味を持ってもらえないと意味がない!魅力的なキャッチコピーの基本テクニック7つ

興味を持ってもらえないと意味がない!魅力的なキャッチコピーの基本テクニック7つ キャッチコピーには色々なテクニックがありますが、共通しているのは興味を持ってもらうことです。どうすれば閲覧者に興味を持ってもらえるのか、思わず広告をクリックしたくなる基本的なキャッチコピーのテクニックを7つ紹介します。

数字

魅力あるキャッチコピーを考える上で数字を入れるのはもはや鉄板です。
ダイエット関連のキャッチコピーなら、「1週間で-◯◯キロ!」というように、具体的な数字を入れると説得力があります。

注意喚起

「その◯◯は間違い!」というように、注意喚起を取り入れたキャッチコピーはついつい気になってしまいます。
何が間違ってるだろう?と思わせることができるため、キャッチコピーの手法としてよく使われます。

"あなた"を使う

「◯◯で悩んでいるあなたへ」というように、自分のための商品・サービスであるかのようなキャッチコピーも定番です。
"あなた"を使用せずとも、自分のことであると思わせる呼びかけのフレーズは興味を引きつける効果があります。

時事性

「◯◯で流行中!」など、今流行していることをアピールするキャッチコピーは、流行や新しい物に敏感な人に訴えかける効果があります。
「世界初!」「新発売!」など、新しい商品・サービスであることを示すキャッチコピーも定番中の定番です。

ランキング

「◯◯で第1位を獲得!」など、ランキングを取り入れたキャッチコピーは分かりやすくアピールできます。
ランキングにも色々あるので、何のランキングであるかを明記しておく必要があります。

問いかけ

コピーライターの糸井重里による美容家電パナソニック・エステジェンヌのキャッチコピー「きれいなおねえさんは、好きですか。」は有名ですね(問いかけとちょっと違うかもしれませんが)。
ライオンのオーラルケア商品・デンターのキャッチコピー「リンゴをかじると歯茎から血がでませんか?」など、問いかける形のキャッチコピーは、該当する人に自分のことであると感じてもらいやすいです。

なぜ

「なぜ、Aさんは◯◯で稼げたのか」など、閲覧者の疑問を「なぜ」で代弁することで興味を引き付けます。
「理由を知りたい」と思ってしまいますね。
 
マーケティングの求人案件 マーケティングの求人案件

マーケッター向けの求人・転職情報です。
プロモーション施策、広告運用、SEOやSEMなど集客全般が得意な方向けの求人です。