2014/10/06 マーケティング

今スグ覚えるべき!Google Analyticsを使いこなすための基本用語まとめ

今スグ覚えるべき!Google Analyticsを使いこなすための基本用語まとめ Google AnalyticsはGoogleが提供しているアクセス解析ツールで、無料で詳細なアクセス解析ができるとして多くのサイト運営者が利用しています。Google Analyticsを使いこなすために知っておくべき基本用語を解説します。基本用語を理解すれば、レポートに表示されている意味が分かるようになります。

ページビュー(PV)

ページビューはサイトのページが表示された回数で、1回表示されたら1ページビューと数えます。
同じユーザーがサイト内のページを復数閲覧した場合、それぞれのページで1ページビューと数えられます。
例えば1日のページビュー数が10万であったなら、そのまま1日に10万ページが表示されたと判断します。

ユーザー

ページビュー数は同一のユーザーが復数ページを閲覧しても1ページずつカウントされますが、Google Analyticsで表示されるユーザー数は、特定の期間内に同一のユーザーが複数回サイトを訪れても1ユーザーとカウントされます。
同一ユーザーの複数回のアクセスはカウントされないため、純粋に何人のユーザーがサイトを訪問したのかが分かります。
他のアクセス解析ではユニークユーザーとも呼ばれていますがGoogle Analyticsでは単にユーザーとだけ表示されている点に注意です。

セッション

セッションはユーザーがサイトにアクセスしてから離脱するまでの一連の行動を指す用語で、一度サイトを離脱したユーザーが再度サイトを訪問すればそれぞれ1セッションとカウントされるため、基本的にセッション数はユーザー数よりも多くなります。

平均セッション時間・新規セッション率

セッションは平均セッション時間、新規セッション率など復数箇所で使用されている用語です。
平均セッション時間は1回のセッション(訪問)でユーザーがサイトに滞在していた時間を表します。
滞在時間が長いほどコンテンツに興味を持ってもらえた、逆に短い場合はコンテンツへの興味が薄いと捉えられます。
新規セッション率は新規でサイトを訪問したユーザーの割合で、新規セッション率が低いほど再訪問したユーザーが多いことを示しています。

直帰率

直帰率はサイトを訪問したユーザーが入り口となった最初のページだけを閲覧し、他のページを閲覧せずに離脱した割合です。
直帰率が高い場合はコンテンツに興味が持ってもらえなかった、関連記事を紹介するリンクが貼られていなかった、何らかの不具合でページ遷移ができなかったといった原因が考えられます。

トラフィック

トラフィックはユーザーがどこからサイトへやって来たのかを示します。
参照サイト、オーガニック検索が多く、ノーリファラーと表示されることもあります。
オーガニック検索は検索エンジンでキーワード検索して表示されたページからの訪問を指し、どのようなキーワードでサイトを訪問したのかが分かります。
ノーリファラーは参照なしを意味し、お気に入りからや直接訪問の場合に表示されます。
マーケティングの求人案件 マーケティングの求人案件

マーケッター向けの求人・転職情報です。
プロモーション施策、広告運用、SEOやSEMなど集客全般が得意な方向けの求人です。