2014/09/09 クリエイター

10秒でできる!Google画像検索で商用利用可能なフリー素材を見つける方法

10秒でできる!Google画像検索で商用利用可能なフリー素材を見つける方法 Google検索である設定を変更すると、画像検索で改変可能なフリー素材を探すことができます。商用利用が可能な素材だけを指定して検索することができるのでとても便利な設定です。ほんのちょっとの手間、時間にしてわずか10秒ほどでフリー素材を指定して検索することができるようになります。

英語で検索する

日本より海外の方がフリー素材が豊富なので、日本語ではなく英語で検索するのがひとつめのポイントです。
例えばFacebookのアイコンを探すなら、「Facebook アイコン」で検索するより、「Facebook Icon」で検索した方がたくさんヒットしますし、検索結果が全然違ってきます。
ではまずは普通の状態で「Facebook Icon」を検索してみましょう。

ライセンスの設定を変更する

実はGoogle検索ではライセンスの設定を変更することができます。
画面の右上にある歯車のアイコンをクリックし、「検索オプション」を選択します。



開くと設定画面の一番下に「ライセンス」という項目があるのが確認できると思います。
ライセンスは以下の5つから選択することができます。
デフォルトで「ライセンスでフィルタリングしない」が選択された状態となっています。

・ライセンスでフィルタリングしない
・自由に使用または共有できる
・営利目的を含め自由に使用または共有できる
・自由に使用、共有、または変更できる
・営利目的を含め自由に使用、共有、または変更できる



商用利用が可能で、かつ自由に改変可能な素材を検索するには一番下の「営利目的を含め自由に使用、共有、または変更できる」を選択します。

ライセンスの設定を変更後、再度「Facebook Icon」で画像検索してみましょう。
するとどうでしょう、検索結果が変わったじゃありませんか。
これで改変可能なフリー素材をさくさくっと探すことができます。
ちなみに検索キーワードに「Free」を加えても検索結果が大きく変わるので、「Facebook Icon Free」で検索してもOKです。

詳細に検索

ライセンスを変更して画像検索した画面をよく見ると、検索窓の下のメニューが変わっています。
「サイズ」「色」「種類」「時間」「ライセンス」「その他のツール」というメニューから、画像を絞り込んで検索することが可能になっています。
サイズを指定して検索することができますし、色の検索条件の種類は少ないものの色も指定できます。
ライセンスもメニューからすぐに変更できるのでとても便利です。



ひとつ注意したいのは、Googleの規約に「ライセンスのラベルが正当であるかの確認は行っていません」という記載がある点です。
Googleのヘルプに画像検索のライセンスに関する規約が書かれていますので、利用する前に一読しておきましょう。


https://support.google.com/websearch/answer/29508?hl=ja
Webデザインの求人案件 Webデザインの求人案件

Webデザイナーやクリエイターの求人・案件情報です。
制作会社もあれば自社サービスのUIデザイン案件等、幅広く掲載しています。