2014/08/12 仕事術

Macユーザーは覚えたい!Mac(OS X)でスクリーンショットを撮影する3つの方法

Macユーザーは覚えたい!Mac(OS X)でスクリーンショットを撮影する3つの方法 Mac(OS X)にはスクリーンショットを撮影するショートカットキーがいくつか存在します。「画面全体のスクリーンショットを撮る」「画面の一部のスクリーンショットを撮る」「特定のウインドウのスクリーンショットを撮る」、この3つのよく使う撮影方法を解説していきます。

画面全体のスクリーンショットを撮る

「command (⌘) 」+ 「shift」 +「3」キーを同時に押すと、画面全体のスクリーンショットを撮影することができます。
一番シンプルで分かりやすい撮影方法ですね。

画面の一部のスクリーンショットを撮る

「command (⌘)」 +「shift」+「4」キーを押すと十字ポインタに切り替わり、撮影範囲を任意で指定することができます。
クリックを押すと撮影されます。
「shift」を押しながらカーソルを動かすと縦幅を固定したままサイズ変更が可能です。
「option」を押しながらだと縦横の比率を保ったままのサイズ変更、「space」を押しながらだと表示しているサイズのまま自由に領域を動かすことができます。
「control」+「command (⌘)」 +「shift」+「4」でクリップボードにコピーされ、デスクトップには画像が表示されません。

特定のウインドウのスクリーンショットを撮る

「command (⌘)」 +「shift」+「4」キーを押した後の「spece」キーを押すとカメラのポインタに切り替わり、Finderウィンドウやアプリケーションウインドウを指定して撮影することができます。
ウィンドウの色が水色になっている部分のみ撮影されます。
「control」+「command (⌘)」 +「shift」+「4」→「spece」で撮影すると、クリップボードにコピーされます。
なぜ「3」と「4」なのかは分かりませんが、とにかくスクリーンショットは「3」「4」だと覚えるしかないですね。

Web業界で仕事を探すならA-STAR Web業界で仕事を探すならA-STAR

マイページ機能を利用でき、高精度なマッチング機能を持った案件情報検索サイトです。
Web業界に特化、エンジニア・クリエイター・プランナーが利用しています。