2014/01/03 起業・経営

事務所不要で経費節約!バーチャルオフィスで株式会社を立ち上げる方法

事務所不要で経費節約!バーチャルオフィスで株式会社を立ち上げる方法

皆様、あけましておめでとうございます。

 

2014年です。2014年は午年!scrmble運営スタッフ一同、今年も皆様に役立つ情報をお届けしていきたいと考えております。

何卒よろしくお願いいたします。

 

さて、新年早々から早速気になる情報をピックアップ。

今回はバーチャルオフィスのご紹介です!

 

バーチャルオフィスとは?

バーチャルオフィスというのは事務所を賃貸したり所有することなく、住所、電話番号、FAX番号などをレンタルすることができるサービスです。

事務所を賃貸する=スペースを一定期間借りることである、ある程度の賃貸料や保証金・敷金などが必要となりますが、バーチャルオフィスはスペースは借りずに住所や電話番号だけを借りるため一般的な賃貸よりも料金がかなりリーズナブルです。

 

バーチャルオフィスを利用するメリット

バーチャルオフィスはレンタル料金が数千円から数万円程度なので料金がリーズナブルであることが大きなメリットです。

でもスペースを借りないならなぜわざわざバーチャルオフィスを借りる必要があるのだろう?と疑問を持たれた方もいらっしゃることでしょう。

会社の運営上、会社の所在地が信用度に影響してくることがあります。

どこに会社が所在しているかによって取引先が感じる信用度が変わるため、東京の一等地などにあるバーチャルオフィスをレンタルすることで信用度を上げることができます。

 

バーチャルオフィスを利用して株式会社を立ち上げる

個人事業として開業するだけなら登記の必要はありませんが、株式会社にするなら登記(法人登記)が必要となります。

所有している自宅やビルなら特に問題なく法人登記は可能ですが、賃貸マンションを自宅兼事務所としている場合は、事務所契約をする必要があります。

住居契約している賃貸マンションでは法人登記ができないため、事務所を借りなければなりませんが、事務所を借りるとなるとかなり費用がかかるのがネックになります。

そこで法人登記ができるバーチャルオフィスの登場です。

バーチャルオフィスでは住所をレンタルすることができますし、バーチャルオフィスの住所で法人登記することも可能です。

バーチャルオフィスなら自宅で仕事しつつ法人登記ができるため、事務所を借りるよりもかなり安くつきます。

 

バーチャルオフィスの契約には会社名が必要

個人事業主として開業する際は屋号がなくても構いませんが、会社を立ち上げるには当然ですが会社名が必要となります。

バーチャルオフィスをレンタルするにも会社名が必要ですので、会社を立ち上げるならまずは会社名を決めておきましょう。

同名の会社がすでに存在する場合がありますので、バーチャルオフィス契約時に会社名が重複していないか確認してもらいましょう。

 

バーチャルオフィスの注意点

バーチャルオフィスでは法人銀行口座を開設することが難しいため、仕事上どうしても法人銀行口座が必要な場合は事務所を借りて会社を立ち上げる方が良いでしょう。

バーチャルオフィスは複数の会社が同じ住所で登録されているため、インターネットで住所を検索すると別の会社が検索でヒットする可能性があります。

信用度が上がるのがバーチャルオフィスのメリットですが、自社だけの住所ではないのがデメリットにもなりえます。

プランナー・プロデューサーの求人案件 プランナー・プロデューサーの求人案件

プランナー・プロデューサー向けの求人・案件情報です。
コンテンツ企画や商品モデルの設計が好きな方・得意な方向けの仕事情報です。