2014/07/28 マーケティング

動画広告を成功させるために知っておきたい!動画広告のメリットと注意点

動画広告を成功させるために知っておきたい!動画広告のメリットと注意点 YouTubeなどで動画が再生させる前に配信される広告、いわゆる動画広告を多く見かけるようになりました。画像と違って動画の方が印象に残りやすいですし、伝わりやすいというメリットがあります。動画広告を最大限活かすために、動画広告を活用するメリットと注意点を解説したいと思います。

インストリーム動画広告

YouTubeなどの動画共有サイトで配信される動画広告はインストリーム動画広告と呼ばれます。
2012年4月からYouTubeのパートナープログラムに参加すれば誰でも広告が配信できるようになったこともあり、YouTubeでの動画広告が増えています。

動画広告はユーザーの目に留まる

WEBサイトに貼られているインディスプレイ広告は必ずしもユーザーの目に留まるとは限りませんが、動画広告は動画の前に再生されるためほぼ100%ユーザーの目に留まります。
全てのユーザーが広告に興味を持ってくれるわけでありませんが、動画広告なら「ユーザーの目に留まること」という最初の壁を乗り越えることができます。

テレビCMよりもコストが安くつく

テレビCMを放送するにはかなりのコストがかかりますが、動画広告ならテレビCMよりもコストが安いというメリットがあります。
最近は若い世代のテレビ離れが進む反面、インターネットの利用時間が増えていることを考えると、若いユーザー層に訴求するには動画広告の方が有利だと言えます。

動画広告はブランディングに効果を発揮する

動画広告は企業や商品のブランディング目的に広く活用されており、認知度を高める効果があります。
動画広告はテレビCMよりもコストをかけずブランディングをするのに最適なツールであると言えます。
見たいと思っている動画の前に再生される動画広告を優先して商品購入などのアクションをしてくれるユーザーは少ないため、動画広告は商品購買を訴求するよりもブランディングに強みを発揮します。

動画広告の注意点

動画広告にはスキップ機能が備わっており、スキップ可能な動画広告を選ぶ場合は数秒のうちにユーザーの印象に残る動画を企画する必要があります。
面白いと感じてもらえればブランディングが成功しますが、逆につまらないと感じさせてしまうと逆効果になってしまう恐れもあります。
数秒間でインパクトを与えるのは容易ではありませんが、ユーザーの興味を惹き印象に残る、または目当ての動画を再生した後に詳しく見てみようと思わせられれば動画広告を配信する価値があります。
興味を持ってもらえればSNSでの拡散も期待できますので、動画広告は数秒でユーザーの興味を惹けるかどうかが勝負になります。
マーケティングの求人案件 マーケティングの求人案件

マーケッター向けの求人・転職情報です。
プロモーション施策、広告運用、SEOやSEMなど集客全般が得意な方向けの求人です。