2014/07/18 仕事術

上司に好かれる部下の特徴とは?上司に好印象を抱いてもらえるために気をつけたいポイント

上司に好かれる部下の特徴とは?上司に好印象を抱いてもらえるために気をつけたいポイント 上司に好かれる人とそうでない人は、普段の上司との接し方が関係しています。口ごたえばかり部下より、素直に話を聞く部下の方が好感を持たれますし、仕事に消極的な部下より積極的な部下の方がかわいがってもらえます。上司に好かれる人の特徴をまとめましたので、新入社員の方は職場に馴染むためにもぜひ参考にしてください。

挨拶をしっかりする

挨拶はコミュニケーションの基本ですが、しっかりできている人といない人では印象が大きく違ってきます。
例え嫌な上司でもしっかり挨拶をしておかないと、あいつは挨拶もできないと思われてしまいます。
上司に好かれるポイントとしては、挨拶の前に「◯◯さん」と名前を呼ぶことです。
名前を入れることで印象が良くなります。

話を最後まで聞く

人は途中で自分の話を遮られると不快な思いをします。
上司が話している途中で話のコシを折ると、上司に嫌われてしまいます。
YESマンになれ、というわけではなく相手の話を最後まで聞くことはコミュニケーションをとる上でとても大事なことです。
自分の意見を述べる場合は、最後まで話しを聞いた後にしましょう。

素直に謝る

怒られても屁理屈をこねたり言い訳をする部下より、素直に謝る部下の方が好感を持たれます。
仕事上の失敗は誰にでもありますので、注意されたり怒られた時は素直に謝りましょう。
謝ったフリはバレてしまうので、しっかり反省した上で謝ることでマイナスをプラスに変えることができます。
上司にとって素直な部下というのはかわいいものです。

与えられた仕事をしっかりこなす、分からないことは聞く

当たり前のことですが、上司から与えれた仕事をしっかりこなしているかどうかで印象が変わります。
分からないことは上司に聞くことも大事です。
分からないまま作業を進めて失敗するより、分からないことは素直に聞く方が良いです。
きちんと仕事をこなせる人は上司だけでなく、他の社員にも好感を持たれます。

積極的に仕事をする

仕事の指示待ちをしているより、自分から積極的に次は何をすれば良いのかを尋ねる方が良い印象を持ってもらえます。
特に入社したばかりの頃は次に何をすれば良いのか把握できていないので、与えられた仕事が終わったら次の仕事を積極的にもらいに行きましょう。

飲み会に参加する

最近は飲み会に参加しない新入社員も増えていますが、飲み会は上司と仕事外でコミュニケーションをとれる貴重な機会です。
飲み会では仕事では見せない上司のプライベートの顔が垣間見れます。
意外な共通の趣味が見つかるかもしれませんので、飲み会は人間関係を築く上でとても大事です。
Web業界で仕事を探すならA-STAR Web業界で仕事を探すならA-STAR

マイページ機能を利用でき、高精度なマッチング機能を持った案件情報検索サイトです。
Web業界に特化、エンジニア・クリエイター・プランナーが利用しています。