2014/08/25 仕事術

スマートフォンの充電速度が遅い?お金をかけずに充電速度を上げる方法

スマートフォンの充電速度が遅い?お金をかけずに充電速度を上げる方法 スマートフォンの充電が遅いなぁと感じることないですか?できるだけ早く充電するには充電が遅くなる原因を取り除いてあげましょう。お金をかけずに充電速度を早める方法を紹介していますので、充電速度に不満がある方はぜひお試しください。

【コンセントから充電する】

スマートフォンはUSB端子からも充電できますが、USB端子からだと0.5A(USB3.0は最大で0.9A)での充電になってしまいます。
電源アダプターは1AですのでUSB端子との差が生じます。
また、パソコンに接続すると同期がスタートするので電源アダプターよりも充電時間が長くなってしまいます。
USBよりも電源アダプターを使用してコンセントから充電した方が充電速度が高まります。

通信機能をオフにすることでもバッテリー消費を抑えられるので、機内モードにしておくと早く充電できます。
すでに実行していると思いますが、バックグラウンドで動いているアプリをオフにするのも忘れないようにしましょう。

【電源をオフにして充電】

スマートフォンは電源をオフにすると充電できないと思っている方が多いと思いますが、実はオフにしていても充電が可能です。
電源をオンにしているだけで色々と消費してしまうので充電速度が落ちてしまいます。
iPhoneの場合は電源をオフにしてケーブルに接続すると電源がオンになってしまうので、ケーブルに接続して電源をオフにします。

【ケースを外して充電】

スマートフォン使用されているリチウムイオンは充電時に熱が発生します。
リチウムイオンは熱に弱いため、熱によって徐々に劣化していきます。
充電時はケースを外しておくと少しでも熱の放出を助けられるので、ケースを外しておくといいでしょう。
充電する時はできるだけ涼しい場所で充電することでバッテリーを長持ちさせられます。
また、充電が満タンの状態で充電を続けると劣化が早くなるので、充電が終わったらケーブルは外しておきましょう。
急速充電の方法ではないですが、熱はバッテリーの寿命に大きく関わってくるので充電時の熱には注意が必要です。

【充電中はスマートフォンを操作しない】

当然ですが充電と同時にバッテリーを消費してしまうので、早く充電したい時はスマートフォンを操作するのを我慢しましょう。
また、充電中にスマートフォンを操作すると熱量が上がってしまうので良くないとされています。
満タンに近い状態で充電を繰り返すこともバッテリーに良くないので、充電中の操作は控えておいた方が良いとのことです。
Web業界で仕事を探すならA-STAR Web業界で仕事を探すならA-STAR

マイページ機能を利用でき、高精度なマッチング機能を持った案件情報検索サイトです。
Web業界に特化、エンジニア・クリエイター・プランナーが利用しています。