2014/06/05 クリエイター

リード文で読了率が変わる?!読者を惹きつけるリード文の書き方

リード文で読了率が変わる?!読者を惹きつけるリード文の書き方 ウェブコンテンツやブログ記事はリード文(見出し)はその後の記事が読まれるかどうかを左右する重要な文章です。続きを読んでみたいと思わせるためには、読者を惹きつけるリード文を考えなければなりません。タイトルの重要ですが、タイトルで興味を持ってくれた読者が離れないように、魅力のあるリード文を考えてみましょう。

【リード文は短めに】

リード文が長いと伝えたいことが埋もれてしまいますし、読まれる可能性が下がってしまいます。
記事を読むかどうかの判断になる文章なのに、長いという理由でリード文が読まれないと元も子もありません。
Yahoo!ニュース(トップページの真ん中にあるニューストピックス)は13文字以内にするというルールがあります。
13文字は一目で理解できる最大の文字数であるため、Yahoo!では13文字でニュースの内容を表現しています。
リード文を13文字以内でおさめることはできませんが、長くなるほど情報が散漫になってしまうためリード文は短めにする方が伝わりやすくなります。

【記事内容を要約する】

Yahoo!のニューストピックスが13文字で内容を表しているように、リード文もできるだけ短い文章に要約するよう工夫してみましょう。
読者が興味を持ってくれそうなキーワードを入れたり、続きが読みたくなるような情報をリード文に持ってくるなど工夫次第で読者の興味を惹きつけることができます。

【リード文は記事を書いてから考える】

リード文は記事の要約であるため、最初に考えるよりも記事を書き終えてから考えた方が良いでしょう。
記事内容が定まっていない時はリード文を最初に考えるのもアリですが、基本的にはリード文は記事の後に考えます。
記事に小見出しを付けておくと内容が伝わりやすいですし、リード文にも取り入れることができます。
小見出しも良質な記事を書くために必要な存在です。

【人気記事のリード文を参考にする】

人気のある記事はタイトルが魅力的であるだけでなく、リード文も魅力的である場合が多いです。
自分が読んだ記事のリード文を見返してみると、読みたくなった理由が分かると思います。
逆にタイトルが魅力的で読もうかなと思ったものの、リード文で読むのをやめてしまった記事もあるかと思います。
なぜ読む気がなくなったのかも良いリード文を書くための参考になります。

例えばはてブのホッテントリを見てタイトルに惹きつけられて記事を開いてみたものの、リード文を読んで思っていた内容と違っていそうだから読むのをやめた、という経験ないですか?
日々多くの記事が更新されているので、知らず知らずのうちにタイトルとリード文で読むかどうかを選別しています。
タイトルで惹きつけた後にリード文でさらに惹きつける気持ちで書かないと、読了率は向上しません。
時間をかけて良い記事に仕上がった時こそ、リード文にも力を入れましょう。
Webデザインの求人案件 Webデザインの求人案件

Webデザイナーやクリエイターの求人・案件情報です。
制作会社もあれば自社サービスのUIデザイン案件等、幅広く掲載しています。