2014/04/23 クリエイター

新人Webデザイナーが身に付けておくべき3つの基礎知識・技術

新人Webデザイナーが身に付けておくべき3つの基礎知識・技術 新卒の新人Webデザイナーは将来性を見込まれて採用されることが多いですが、最低限知っておいた欲しい知識や技術があります。即戦力までとはいかずとも、基礎知識・技術が身に付いているかどうかはWebデザイナーとしての成長に大きく関わってきます。細かなテクニックは別として、新人Webデザイナーは以下に紹介する3つの基礎知識・技術だけでも自分で身に付けておきましょう。

HTML・CSS

Webデザインをする上でHTMLとCSSの知識は欠かせません。
欲を言えばJavaScriptやJQuery (JavaScriptのライブラリ)を扱えた方が良いですが、HTMLとCSSを知らないことにはWebサイトを構築できないため、最低限の知識として備えておきたいところです。
少し前までは動的なページの構築はFlashを活用することが多かったですが、iPhoneはFlashをサポートしていませんので、HTML5・CSS3を使用するケースが増えています。
HTML5・CSS3も身に付けておくと「この子、できる!」と思われることでしょう。

Photoshop・Illustrator

Webデザインをする上でPhotoshopとIllustratorは欠かせないソフトウェアです。
おおまかに分けると画像加工はPhotoshop、イラスト・アイコン作成はIllustratorで行います。
つまづきやすいのはペンツールの使い方です。
ペンツールは描画には欠かせないツールで、ペンツールを扱えるようになれば初心者を脱したも同然です。
PhotoshopとIllustratorを練習する際は、ペンツールで曲線を描けるようにしておきましょう。

著作権・ライセンスについての知識

ネット上には無料で使用できる素材が多数ありますが、中にはライセンスで使用条件が定められている素材もあります。
個人利用はOKでも商用利用はNGである素材も多く、クレジット表記が必要な素材もあるのでライセンスの確認は必須です。
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス(CCライセンス)が広く使われていますので、最低でもCCライセンスが何かということを知っておきましょう。
CCライセンスは著作権のルールを定めた国際的なライセンスで、ライセンスによって無条件で個人利用・商用利用可能であるか、改変が可能・不可であるか、クレジット表記が必要であるかなどが異なります。

また、ロイヤリティフリーという言葉も頻出しますので、この機会に覚えておきましょう。
ロイヤリティフリーとは使用許諾範囲内で追加のロイヤリティ(使用料)が免除される著作物です。
ロイヤリティフリーの写真素材サイトで素材を一度購入すると、再度取得したり複数箇所で使用することができます。
取得料や使用料が発生しない著作権フリーの素材とは異なるため、注意しましょう。
Webデザインの求人案件 Webデザインの求人案件

Webデザイナーやクリエイターの求人・案件情報です。
制作会社もあれば自社サービスのUIデザイン案件等、幅広く掲載しています。