2014/03/28 クリエイター

ワイヤーフレームを無料で、スピーディーに作成できる便利なツール4選!

ワイヤーフレームを無料で、スピーディーに作成できる便利なツール4選! WEBサイト/ホームページの構成やレイアウトを示すワイヤーフレームは手描きのものからIllustratorを使ったものまであり、人によって作成方法が異なります。
ネット上には無料で利用できるワイヤーフレーム作成ツールがありますので、そうしたワイヤーフレームに特化したツールを使うことでWEBサイトのレイアウト構成にかける時間が短縮できます。
これまで使ったことがないという方も試しに一度使ってみると、その便利さに気づくことでしょう。

justinmind(Prototyper)

justinmindが提供している無料のフレームワーク作成ツール「Prototyper」。
PC用のWEBサイトのワイヤーフレームから、スマートフォンサイト、アプリ用のフレームワークが作成できるツールで、英語のツールですが直感的にレイアウトを作成できるので言語はあまり気にならないと思います。

Cacoo

フレームワークだけでなく、サイトマップ、フローチャート、マインドマップなど様々な図が作成できる「Cacoo」。
基本使用料は無料で、チームで作成するための有料プランもあります。
日本語なので作成しやすく、フレームワーク以外の図も作成できるのが嬉しいですね。

iPlotz

オンラインでワイヤーフレームを作成できる「iPlotz」。
アコーディオン、メニュー、スライダー、ボタンなどコンポーネントが充実していて、作成したワイヤーフレームはJPEG、PNG、PDFへ書き出すことができます。
ワイヤーフレーム以外にプロジェクトやタスク管理表を作成することも可能。
5ページまでなら無料で使用できるので、どんな操作性のツールなのかまずはお試しあれ。

gliffy

ブラウザでワイヤーフレームやフローチャート、UMLチャート、サイトマップ、フロアプラン、ネットワーク図などが描けるオンラインツール。
登録なしですぐに使えるのが嬉しいですね。
HTML5に対応していて、さくさくと快適にワイヤーフレームが作成でき、
Chromeの拡張機能(Gliffy Diagrams)もあります。



ワイヤーフレーム作成ツールは有料のものもありますが、今回は無料で利用可能なツールを集めてみました。
英語のツールが多いですが、元々ワイヤーフレームは直感的に作成するものなので英語か日本語であるかはあまり気にせずに使えると思います。
「gliffy」などブラウザですぐに使用可能なツールもあってとても便利です。
Webデザインの求人案件 Webデザインの求人案件

Webデザイナーやクリエイターの求人・案件情報です。
制作会社もあれば自社サービスのUIデザイン案件等、幅広く掲載しています。